×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

足湯とは

足湯とは服を脱がずに手軽に温泉を楽しめるので、温泉街の街角に足湯は設置されることが多い。他にも、鉄道駅、道の駅、公園など、観光客が多く集まる場所で足湯見かけることができる。ほとんどの足湯は無料で利用できる。但し、一部の足湯では寸志または料金が必要なことがあるが、いずれも200円未満の金額で足湯楽しむことが可能である。足湯は全身で入浴する通常の温泉と違って、足湯だと膝下だけしかお湯につからないので、のぼせにくい。また、足には太い血管が通っているので足湯は全身を温めることができる。足湯の一部には手湯がある施設もある。これは、手からも暖める湯である。



>> ぽかぽか足湯であなたも素足美人★おすすめのアイテムはこちら♪

足湯の医学的効用

足湯の医学的効用を国立循環器病センターの研究グループが足湯の心臓機能の改善効果の症例発表した。それによれば全身浴のできない20〜40歳代の移植待機患者4人に対して、温かい蒸気の出る「足湯」装置を使い、42度で15分間温め、30分間保温する治療を2週間行い体の深部の温度が上がって末梢(まっしょう)血管の血流がスムーズになることで、心臓のポンプ機能への負担が軽減する効果がが認められた。研究グループでは拡張型心筋症の患者に足湯を行った結果、心筋に酸素や栄養を送る血管の広がりやすさ(血管内皮機能)が正常値まで改善した。研究グループでは今後も検証を進めで足湯の研究を進める方針。

足湯の名所

足湯@銀山温泉(山形県) 足湯A 日中温泉(福島県) 足湯B 上諏訪温泉(長野県諏訪湖畔) 足湯C 城崎温泉(兵庫県)「さとの湯」 足湯D湯村温泉(兵庫県)「ふれ愛の湯」  足湯E道後温泉(愛媛県) 足湯F湯田温泉(山口県) 足湯G山鹿温泉(熊本県) 足湯H東日本旅客鉄道上諏訪駅1番線ホーム(長野県、ホームに入れるきっぷが必要)  足湯I東日本旅客鉄道鳴子温泉駅(宮城県)

足湯J京福電気鉄道嵐山駅(京都府)  足湯K道の駅たるみず(日本一の長さの足湯がある)  足湯L新北九州空港3階 鹿児島空港(空港内の足湯としては日本初)

Copyright © 2008-2009 足湯ナビ〜足湯の効能と名所

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。